大阪のわきさか鍼灸院は、患者様第一主義がいちばんのモットーです。

サイトマップ
大阪わきさか鍼灸院

HOME > ブログ記事・2012/2/18

鍼灸治療セミナーのご報告

2012年2月12日(日)は、お世話になっていた二天堂鍼灸院.中野保先生が主催する鍼灸セミナー、「二天堂ほのしんオプションセミナー・耳鳴り難聴めまいの鍼灸治療」の講義を担当させていただきました。当日は23人もの参加者にお集まりいただき、大変熱気に満ちたセミナーになりました。

ちょうどこの時期は突発性難聴の治療が多い季節ですので適当だったのではないかと思いました。講師としての初めての仕事でしたので、幾分緊張が伴い時間も少しオーバーしてしまいましたが、治療法、臨床におけるポイントはお伝えできたと思います。今後の課題としては、データなどを添えるなどの工夫が必要かと感じました。しかしそもそも、耳鳴り、難聴、めまい、3種類すべての病気に対して「誰にでも均等的に効果が出せるようなものではない」ことや「単純に病名でひとくくりに適応判断できない」ことは臨床家として当然に認識すべきことですし、また中国で見た治療法が、日本人の体質や内耳疾患にどれだけ適応するかどうか、この時点ではまだ帰国開業間もなく、十分に検証ができていない段階であったという状況でもあり、そもそも今回のセミナーを受けただけの鍼灸師たちがどの程度「診断力と施術レベルを得ることができたのか」が逆に気になるところでした。

このセミナー主催者.中野保先生は、北京堂(浅野周先生)という流派の直系の一号のお弟子さんであり、北京堂式鍼灸とは主催者である浅野周先生が開発したという、偉大な『マニュアル式鍼灸治療』を行なう流派であります。従いまして、講義内容も、これらのお世話になった方々へのお気持ちを最大に考慮して設定しています。私はこれまで、北京堂マニュアル式の耳鳴り難聴治療そのものや、北京堂式では必須とされる、『翳風のツボ4cm刺入鍼治療』については、実際の治療効果も治療現場も直に見たことがありませんので、事実として「浅野先生くらいの達人でなければ翳風穴への4cmの刺入は不可能だ! 私の技術ではこのツボに鍼を4cmも(無条件に)入れること(確実に効果を出す)は絶対無理です!」と念押しの説明を付け加えておきました。

今回のセミナー開講、招聘に対しまして二天堂中野先生には多大なるサポートをいただき、ありがとうございました。講義タイトル「耳鳴り難聴めまい」の設定におきましても、100%先生のご意向に合わせ忖度させていただきました。先ほども触れました通り、中野先生からは何度もセミナー講義の開催と担当のお誘いを受けていました。しかし、この頃はまだ私が中国から帰国して間がない時期(当院開業前後)ということもあり、その都度お断りしていた事実があります。しかし大変大きな御恩がある先生からの大変強いご要望にお応えするため、最大限のお礼返しのため、なんとかご要望にお応えしなければならないとの気持ちを奮い立たせて、若輩ながらこれをお引き受けする決断をいたしました。

これからも絆を最大限大切にして、鍼灸業界の輪を盛り上げていけるよう義務を果たしてまいります。

鍼灸を受けられる患者様につきましては、良質の鍼灸治療が受けられることを「天」に向かって祈願しています。

日時:2012年2月29日 23:57

鍼灸院のメニュー

mアイコン わきさか鍼灸院TOP

mアイコン 治療方針

mアイコン スタッフ

mアイコン 治療の流れ

mアイコン 鍼灸院でよくある質問

mアイコン 適応症

mアイコン 改善・実績紹介

mアイコン 受付時間

mアイコン 地図料金

mアイコン なぜ効く鍼灸

わきさか鍼灸院 ご案内

大阪府茨木市西中条町1-1
ハタセViビル202
JR京都線 JR茨木駅前東口すぐ

受付時間

平日・土曜日
9:30~12:00 / 14:00~19:00

日曜日
9:30~12:00 / 14:00~18:00

休診日 火曜日・祝日

院長紹介

脇坂達也 鍼灸師
1970年 大阪 出身

経歴

鍼灸院で研修

スポーツクラブ内整骨院

北京語言大学漢語速成班

北京中医薬大学中医針灸進修科

中国での病院研修

詳しいプロフィールはこちら

証明書はこちら