突発性難聴に高度な鍼治療を行なっています。

サイトマップ
大阪わきさか鍼灸院

HOME > 改善・実績紹介 > 突発性難聴

突発性難聴の聴力正常化、改善例

当院の特殊な鍼治療による治療実績を紹介しています。

こちらで治療開始から終了(聴力改善、正常化)までの症状の好転状況、治療の過程中に起こりえる体調の変化などを参考にしていただき、来院前に情報を共有していただけると、治療が大変スムースに進みます。

公開した症例は、病態や治療内容など当院で得た臨床情報、コンテンツコピー防止の観点から、数ある症例の中から抜粋、限定し掲載しています。今後も不定期ながら更新する可能性はありますが、上記の理由から蓄積される症例すべてを無制限に逐一「症例ページ」を作成をしてウェブ上に公開するものではありません。

突発性性難聴(症例1)44歳 男性

主訴 右耳難聴 (125Hz=35dB 4000Hz=65dB)
耳閉感、耳鳴り、ふらつき耳鳴りが脈を打ったような感じがひどく昨日はほとんど眠らなかった
病歴 2012/9/14に突発性難聴と診断 その後10日間の〇〇〇〇〇投与も改善せず 元々耳鳴りがあった。
問診 鍼は昔ぎっくり腰の時受けた
所見 右〇部緊張
1回目 10/3  直後に「初回から変化しますか?」と問われる。
2回目 10/5 (各症状全部が)だいぶまっしになった。
3回目 10/7
4回目 10/8 更にだいぶ良くなった。聴力の検査結果は正常と確認できたとのことで、耳鳴り、つまりもほとんど無くなり、お喜びいただく。
5回目 10/10 前回同様良い状態を保っているので、養生法をお伝えして終了。

この症例は標準的な刺激量で、聴力が正常範囲にまで改善できました。

突発性性難聴(症例2)43歳 男性

2012年 〇大〇〇で突発性難聴の患者様から紹介され来院 左耳 低音が聞こえにくい(125Hz=35dB 250Hz=30dB、他正常)
耳鳴り(ウォー) 締め付けられる感じ 肩こりいつも感じる つまり、響きも少し出る。多忙でストレス
病歴 〇月〇日発症
所見 左〇部緊張
1回目 4/20
2回目 4/21 ちょっと良い
3回目 4/23 朝一はまったく無かった
5回目 4/25 昨日聴力検査で125Hzが25dBに改善 つまりと響きはまだある
6回目 4/28 締め付け違和感はだいぶん気にならなくなった  次回病院でのテストは7or8日に
7回目 4/30 耳鳴りが更に減ってきている、術後に鼻づまりがすっきりしたとおっしゃられる。(・・が客観的にはまだまだ不安感が強い)
8回目 5/6 耳鳴りは寝る前に少し感じるだけになった、凄い楽とのこと。聞こえも感覚的には正常になりお喜びいただく。
9回目 5/13 検査で20dBを獲得!つまりもだいぶ気にならないとのこと。
10回目 5/27 今週の聴力テストでも正常範囲を維持していると大変喜ばれていましたので、治療はここまでとする。

発症後かなり時間が経ってからの鍼治療でしたが、聴力が正常域まで改善ができてよかった。耳鳴りや響きなどは完全に無くなったが、つまりが寝る前にまだ少し出るというところが今後の課題。当院の突発性難聴患者様による口コミでの来院で、当方にとっても記憶に残る症例。鍼治療は初めてで刺激量は標準

突発性性難聴(症例3)50歳代 女性

主訴 右耳難聴 耳閉感 耳痛 たまに耳鳴り ふわふわ
病歴 5月に突発性難聴発症 その時はステロイドで治癒するも8月まで何回も再発を繰り返す。
所見 右〇部緊張 肩こり
1回目 8/24
2回目 8/26 今日はふわふわ感がない 耳のつまりと耳痛はある
3回目 8/27 昨日は右後頭部がだるくなった 他はそのまま
4回目 8/29 聞こえやすくなった 耳痛は今はない、つまりは少しまっしになってなってきている。右頚肩こり感がある。体がだるい感じがする
5回目 9/3 耳がぼわーっとした感がある。 朝は響きを感じるが日中は出なくなる 他は変化なし
6回目 9/5 耳閉はないが、まだ響く 他は特に変化なし
7回目 9/10 昨日〇〇をしたらエコーが変化したみたい
8回目 9/14 その後は聞こえやすい 響きもなく調子いい
9回目 9/20 更に改善した わりと調子いい
11回目 10/3 昨日の夕方まですごく調子良く聞こえも良いが、あと少しつまり感がある
15回目 少し耳閉症状が残るものの、ふわふわ、耳鳴りは全く無くなったので、この次からは月2回ペースに移行した。
18回目 来院時「絶好調!」とのことで、聴力は全く問題がなく聞き取れる状態を維持。
20回目 つまり感のみがまだわずかに出ることがあるが、聴力は正常レベルを安定して維持しているので今回で終了する。

急性低音障害難聴の前駆症状(症例4)男性 40歳代

主訴 左の耳鳴り 急性難聴の再発みたい?過去に急性難聴にかかりその後回復したが、前回発症直前と同じ症状が出たので突発性難聴専門である当院の鍼治療を希望。アレルギー体質
所見 左右〇部緊張
1回目 2010/11/8
2回目 11/12 前回後すぐ治ったみたいだったが、昨日〇〇〇〇に行って元に戻ってしまった。
3回目 11/20 自己判断で〇〇を取り入れたが「何かが違う」とご相談を受ける。
11/21に予約TEL時に耳鳴りが完全に無くなったと報告される。念のためにもっと間隔を詰めて治療を継続したいと希望される。
4回目 11/26 風邪を引いてすこし再発
5回目 11/27 朝まで耳鳴りは無かったが、今はかすかに出ている。
6回目 11/29 その後は全く出ていないということで、ここで治療を終える。
鍼がすごく苦手ということで超弱刺激で施術を行なう。耳鳴りが完全に消失でき、難聴の再発予防になったと大変に喜ばれる。
耳の病気では油断禁物ということを改めて思い知らされる症例でした。

 

突発性難聴に対する鍼治療は、
たいへん高度な診断と技術レベルが要求されます。
耳鼻疾患を専門とする院長がテーラーメイドで鍼をするから、突発性難聴の適応範囲を拡げることが可能になり、
有効率向上に繋がっています。
早く確実性の高い治療が当院の特長です。

関連リンク

突発性難聴のクチコミ症例…たいへん稀有な紹介事例

突発性難聴の鍼灸治療…当院の治療内容(治療スタイル、効用目的、作用機序)
※必ずご確認ください。

 

鍼灸相談

メール相談

鍼灸院のメニュー

mアイコン わきさか鍼灸院TOP

mアイコン 治療方針

mアイコン スタッフ

mアイコン 治療の流れ

mアイコン 鍼灸院でよくある質問

mアイコン 適応症

mアイコン 改善・実績紹介

mアイコン 受付時間

mアイコン 地図料金

mアイコン なぜ効く鍼灸

わきさか鍼灸院 ご案内

大阪府茨木市西中条町1-1
ハタセViビル202
JR京都線 JR茨木駅前東口すぐ

受付時間

平日・土曜日
9:30~12:00 / 14:00~19:00

日曜日
9:30~12:00 / 14:00~18:00

休診日 火曜日・祝日

院長紹介

脇坂達也 鍼灸師
1970年 大阪 出身

経歴

鍼灸院で研修

スポーツクラブ内整骨院

北京語言大学漢語速成班

北京中医薬大学中医針灸進修科

中国での病院研修

詳しいプロフィールはこちら

証明書はこちら