わきさか鍼灸院は患者様第一主義

サイトマップ
大阪わきさか鍼灸院

HOME > よくある質問

よくある質問

Q 鍼治療は痛くないですか?

Q 鍼は癖になると聞きましたが、、、。

Q 鍼で感染することはないですか?

Q どんな格好で治療をうけますか?

Q 1回にかかる治療時間は、どれくらいですか?

Q 他にも辛いところがもありますが、、、

Q 治療後はお風呂に入っても大丈夫ですか?

Q 以前鍼治療を受けた翌日からだがだるくなったが、、、

Q 鍼灸治療はどのくらい通わなければなりませんか?


Q 鍼治療は痛くないですか?

A 鍼治療の未経験の方は、たいてい”痛い”と強く想像されると思いますが、いわゆる注射のような痛みは出ません。ただ「全く痛くない」というわけではなく、鍼先が「ある種のポイント」や「硬結(こうけつ=コリ)」など「悪いところ」に当たると「得気(とっき)」という反射が起こり、ハリ特有の刺激感覚が同時に出てしまいます。本来は鍼の効果を引き出すために必要な反射で、「中国鍼灸」では、ある意味「鍼効果の目安」にもなっていて、当院でも同様に重視しています。ある程度は我慢していただく他ありませんが、苦手な方、過敏な方には刺激発生を少なくする方法で施術していきますのでご安心ください。


Q 鍼は癖になると聞きましたが、、、。

A 治療による「常習性」は全くありません。風説や全くの誤解です。当院は常に「早期回復、完治、高いレベルまでの回復」を徹底的に追求する鍼灸院ですので、手抜きや護魔化しは一切ありません。


高圧蒸気滅菌器

Q 鍼で感染することはないですか?

A 使用する鍼は、ディスポーザブル(使い捨て)鍼ですので、感染の可能性はありません。一部の特殊鍼や鍼以外の器具類もすべて医療機関と同じレベルで消毒及び滅菌しています。ご安心ください。


Q どんな格好で治療をうけますか?

A 特に決まりはありませんが、リラックスできる服装がよいです。こちらでも患者衣をご用意していますので、ご入用の時はお気軽にお申し出ください。


Q 1回にかかる治療時間は、どれくらいですか?

A 治療は、完全な時間制ではありません。その理由は、患者さんの体質、体調、病態が一人ひとり異なり、それによって目的とする刺激量や治療内容が同じではないためです。通常40分~65分程度で、その日の効果、目的が達せられたところで終了になります。


Q 他にも辛いところがもありますが、、、

A 他に辛いところがあれば、できる限り同時に治療を行なっています。例えば、腰痛と膝の治療の2部位とか、花粉症と腱鞘炎と眼の疲れの3部位などです。(症状の程度、体質体調によって施術内容、時間が制約される為限度があり、すべてにお応えできないこともあります。)


Q 治療後はお風呂に入っても大丈夫ですか?

A 基本的に入浴は問題ないです。鍼の傷は抜鍼後すぐに塞がります。虚弱体質の方の場合は軽い入浴をおすすめすることがあります。


Q 以前鍼治療を受けた翌日からだがだるくなったが、、、

A 鍼灸治療を受けた後に、軽い倦怠感、疲労感が出ることがあります。ハリや灸の刺激によって血行が促進され代謝が良くなるために起こる「正常反応」です。「効果優先」が当院の治療方針ですので、ある程度は仕方がないことです。苦手な方にはなるべく倦怠感を出さないように施術できます。


Q 鍼灸治療はどのくらい通わなければなりませんか?

A 治療のペース:
疾病、病態の個人差によって異なります。各人の状況に合う最適な治療ペースをご提案しています。例えば、症状が激しい場合、慢性化した方への治療では、『週 1回~2回』。症状改善が安定した後からは間隔を少し開けていきます。急を要しない慢性症状の場合は、『月 1回~2回』位でゆっくり治していきます。

A 期間:
発症後すぐの「ぎっくり腰」の治療では、たいてい1回~少数回で終了しています。それ以外では、疾病や病態の個人差が大きくあります。各疾患別の解説ページ実績紹介ページで大まかな目安を記していますのでそちらをご一読ください。


 

お気軽にお問い合わせください お問い合わせ

鍼灸院のメニュー

mアイコン わきさか鍼灸院TOP

mアイコン 治療方針

mアイコン スタッフ

mアイコン 治療の流れ

mアイコン 鍼灸院でよくある質問

mアイコン 適応症

mアイコン 改善・実績紹介

mアイコン 受付時間

mアイコン 地図料金

mアイコン なぜ効く鍼灸

わきさか鍼灸院 ご案内

大阪府茨木市西中条町1-1
ハタセViビル202
JR京都線 JR茨木駅前東口すぐ

受付時間

平日・土曜日
9:30~12:00 / 14:00~19:00

日曜日
9:30~12:00 / 14:00~18:00

休診日 火曜日・祝日

院長紹介

脇坂達也 鍼灸師
1970年 大阪 出身

経歴

鍼灸院で研修

スポーツクラブ内整骨院

北京語言大学漢語速成班

北京中医薬大学中医針灸進修科

中国での病院研修

詳しいプロフィールはこちら

証明書はこちら